マナラホットクレンジングゲル 成分 肌に優しいって本当なの?
トップページ → マナラホットクレンジングゲル 成分 肌に優しいって本当なの?

マナラホットクレンジングゲル 成分 肌に優しいって本当なの?


マナラホットクレンジングゲルの成分について書いていきたいと思います。

芸能人のblogでも紹介されちゃって人気なのですが、そもそも肌に優しいって本当かい!ってわけで・・・



マナラホットクレンジング 成分


マナラホットクレンジングゲル 全成分

グリセリン、DPG 、オリーブ油 (ベヘン酸/エイコサン二酸)ポリグリセリル−10 /(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル 、PEG−10ヒマワリグリセリズ 、ステアリン酸グリセリル(SE)、 水 、ラウリン酸ポリグリセリル−10 、ミツロウ 、ダイズ油 、カロットエキス 、スクワラン 、α-アルブチン 、ハチミツ 、トコフェロール 、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル 、ヒアルロン酸Na 、ヘマトコッカスプルビアリス油 、セレブロシド 、サフラワー油 、ポリグルタミン酸 、ローヤルゼリーエキス 、ザクロ果実エキス 、加水分解コラーゲン 、セイヨウトチノキ種子エキス 、プエラリアミリフィカ根エキス 、加水分解酵母エキス 、ダイズ種子エキス 、メマツヨイグサ種子エキス 、BG 、リモネン 、ペンチレングリコール 、シアノコバラミン 、フェノキシエタノール

 


(着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、パラベン、紫外線吸収剤 )不使用!
でもちょっと待って!


一応無添加ってことにはなっているけどBGやフェノキシエタノールは配合されています、品質を為つためなのでこれはある意味仕方がないことかも、ただ完全無添加ではありませんね!


でも石油系界面活性剤やエタノールが配合されていないのは嬉しいですね、オイルクレンジングには普通に石油系界面活性剤やエタノールが使用されています、だからメイクや汚れも簡単に落としてくれるけど、刺激もあって肌の弱い敏感肌の方はさらに肌荒れの原因になる。


しかも安いクレンジングを使用していると、なんだか落ちきれないというか、ぬるっと感が取れず、W洗顔が常習化、悪循環で肌の乾燥も激化しちゃうんですね!


まだ若い頃なら肌も頑張って代謝を続け張りのある肌をキープできるかもしれないけれど、オイルクレンジングばかりに頼っていると、30代、40代、50代になるとお肌はボロボロに・・・


オイルクレンジングがすべて悪いと言っているわけでありません、ウォータープルーフ系なんかはオイルクレンジングでさっさと落としたいですよね、問題はクレンジングの使い方次第、例えばガッチリアイメイクをしている日ならオイルクレンジングで、ナチュラルなメイクのときなら肌に優しい無添加なものを使う!


マナラホットクレンジングゲルはガッチリなアイメイクは落としきれないけれど、肌に優しくてW洗顔不要、乾燥肌対策できて、毛穴もすっきりなホットクレンジング、将来の肌のため、うまく使いわけたいですね!



トップに戻る